種類が豊富!企業名入り扇子でイメージアップ

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、産業のグローバル化に伴い、様々な国での営業活動を行う日本企業は増加傾向にあります。海外の企業に太刀打ちしていくためには、その会社の製品の質を上げることはもちろん重要ですが、日本人らしさを営業活動に打ち出すことも忘れてはいけない条件となります。日本人らしさといえば「おもてなし」の精神があげられます。自国の手土産を持参し、営業相手を気持ちよくもてなしながら自社製品をアピールします。その際に手土産として持参すると喜ばれるのが日本伝統の品です。中でも企業名入りの扇子をお土産として持参すると取引相手との会話が弾み、自社のイメージアップに一役買うこと請け合いです。お土産ひとつで営業に変わりはないと考える人もいるかもしれませんが、海外の方にとっても自分で買うことのできないものをもらうことで相手のイメージは変わるということに変わりはありません。

手土産として効果的な理由とは何か

営業先においての手土産の重要性は先に述べた通りですが、ではどうして営業先で有効的なのでしょうか。まずは、世界にひとつしかないオリジナルという点にあります。海外の方が日本のものを喜ぶというのはもちろんなのですが、その企業の名前が入った扇子というのは世界に一つしかないため、非常に喜ばれます。またアジアや南米などの暑い地域では、すぐに仰いで使うこともできるために実用的です。日本的な絵をデザインすることができるための富士山などの外国人好みのものをプリントするも良いですが、相手の国にあった絵を日本風にアレンジしたものを記生地に描いたりとバリエーションも豊富にできます。営業相手のことを一番に考えながら制作でるという点は日本らしいおもてなし精神を体現しているといえます。

種類も豊富、職人の技が光ります

企業名入りの扇子を制作を依頼する際は熟練の技をもつ職人がいる工房をえらびましょう。工場で量産されたものとは全く違う、一つ一つに職人の真心と技の光るものが出来上がります。生地の種類は布製のものと紙製のものがあり、それぞれに異なる風合いと魅力をもっています。紙製の場合、手書きの文字をプリントしてもらえるため、相手にあった言葉を毛筆でプリントしてもらうと喜ばれるかもしれません。布製の場合、お好みの布地の持ち込みができるため、相手の国特産の布地を仕立ててもらうと
面白い仕上がりになりそうです。このように、日本の伝統の技と相手の国のもつ伝統や特色をまぜ合わせてつくるオリジナルの一品を手土産にすると喜ばれないわけがありません。これこそが、相手が喜ぶ究極のおもてなしといえるでしょう。